選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題29
褥瘡について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 褥瘡がある場合には、出血や感染の危険性があるので、入浴は褥瘡が治まるまで延期する。
2 褥瘡の創面から滲出液などとして栄養分が失われるので、高タンパク質、高カロリーの栄養補給が必要である。
3 寝たきりで関節拘縮のある場合や骨の突出部位のある場合には、特定の部位に圧力が集中し褥瘡が生じやすいので、体圧分散寝具を使用するのがよい。
4 臀部に発赤ができた場合には、褥瘡と考えられるため、発赤部にマッサージを行い、重症化を予防する。
5 尿失禁、便失禁は、仙骨部褥瘡の感染リスクを高め、治癒を妨げるので、汚染時の清潔ケアを欠かすことができない。
解答・解説↓




正答番号 2,3,5

1 ×誤り
褥瘡と入浴に関しては非常に出題頻度の高い問題です。褥瘡があっても適切な対応で入浴します。褥瘡の治癒に入浴は有効です。
2 ○正しい
褥瘡は栄養状態が悪いと治癒が遅くなります。栄養状態を良好に保つことは褥瘡の予防にもなります。
3 ○正しい
体圧分散寝具は福祉用具貸与において「床ずれ防止用具」として介護保険の適用になります。
4 ×誤り
発赤ができた段階でのマッサージは、過度の摩擦などにより、悪化させる場合があります。マッサージは褥瘡の予防に効果的です。
5 ○正しい
褥瘡の予防には清潔の保持が有効です。設問の「仙骨部」は特に褥瘡が出来やすい部位です。

問題30へ➡
 タグ
None