選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題31
次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者虐待の担当窓口へ通報する者は、医師、看護師、介護支援専門職の3種と法定されている。
2 認知症がある場合でも、治療や介護につての説明には本人の関与が必要である。
3 回想法は、高齢者の思い出話を積極的な意味を持つものとしてとらえた援助手法である。
4 認知症高齢者では、身体の老化に加え、自分の心身の機能について正確な判断ができないため、転倒や骨折が多くなる。
5 認知症高齢者については、表情や動作といった非言語的メッセージではなく、言葉による表現に基づいて対応する。
解答・解説↓




正答番号 2,3,4

1 ×誤り
高齢者虐待の通報に職種の限定はありません。
2 ○正しい
介護の基本は「利用者本位」であり認知症があっても本人の関与と意思決定は尊重されるべきです。
3 ○正しい
「回想法」は脳の働きを活性化し、認知症に対して有効な手段です。
4 ○正しい
認知機能の低下は状況判断力の低下を伴い、転倒などの事故につながることがあります。
5 ×誤り
認知症では言語に対する認知力も低下するため、身振り手振りなどの動作で表現することも重要です。

用語解説リンク 回想法

問題32へ➡
 タグ
None