選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題36
高齢者の医療について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 経管栄養の場合には、錠剤の内服薬は投与できないので、点滴治療となる。
2 がんの疼痛管理において、頻回の痛み訴えのある場合には、睡眠導入薬を用いて睡眠時間を増やすことを最初に検討する。
3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合には、呼吸器官が低下しているため、肺炎球菌ワクチンの接種は禁忌である。
4 糖尿病の内服治療をしている高齢者では、インスリン注射をしていなくても、低血糖の症状に留意する必要がある。
5 高齢者の口腔乾燥は、唾液線疾患のみではなく、利尿薬や抗うつ薬などが原因になることもある。
解答・解説↓




正答番号 4,5

1 ×誤り
薬効に影響がない場合、錠剤をすりつぶして溶かし、経管栄養から投薬することが可能です。
2 ×誤り
睡眠導入薬を用いて睡眠時間を増やす前に疼痛管理を試みます。
3 ×誤り
よく出題される問題です。慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者が肺炎を発症すると重篤な症状をきたすことがあるためワクチンの接種は奨励されています。
4 ○正しい
インスリン注射をしていなくても、内服薬や食事内容などにより低血糖は起こります。充分な注意が必要です。
5 ○正しい
利尿薬や抗うつ薬には口渇の副作用が出るものがあります。

用語解説リンク 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

問題37へ➡
 タグ
None