選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題46
面接場面におけるコミュニュケーション技術について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 傾聴を行う上では、 主にクローズドクエスチョンを使用した方がよい。
2 円滑なコミュニケーションを図るためには、服装や書類の理解しやすさなどの外的条件にも気を配る必要がある。
3 相談援助者は、クライエントの主訴の把握に当たっては、言語的に表出された訴えではなく、非言語的な要素で判断する。
4 相手が伝えようとしている事柄を受け止めることは大切であるが、その背後にある情緒まで受け止める必要はない。
5 相談援助者は、「励まし、明確化、要訳」といった技術を活用して、クライエントとともに課題を明確にしていく必要がある。
解答・解説↓




正答番号 2,5

1 ×誤り
クローズドクエスチョンとは「はい」「いいえ」など答えを限定した質問の方法です。傾聴に際しては、答えを限定しない「オープンクエスチョン」が用いられます。例えば「どうしたのですか」「どう思いましたか」などの質問の仕方です。
2 ○正しい
外的条件はクライエントの精神的落ち着きや、援助者に対する信頼感を与える意味で重要です。
3 ×誤り
「言語的」「非言語的」にかかわらず、総合的に判断します。
4 ×誤り
面接の基本である共感的受容には、背後にある情緒を受け止めることが重要です。
5 ○正しい
「励まし、 明確化、 要約」は相談援助の有効な技術です。

問題47へ➡
 タグ
None