選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題47
ソーシャルワークの観点から、クライエントの自立支援を行う上で、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 クライエントの可能性を広げ、意欲を高めていくことが大切である。
2 クライエントと周囲との安定的で建設的な関係を作り、それを維持することが重要である。
3 クライエントが間違っている場合には、一定の行動や価値に従うように強制すべきである。
4 クライエントの意欲を高めるためには、小さな事柄から自己決定を促すことが効果的である。
5 社会的孤立が深まっている場合であっても、対人関係を持ちたくないというクライエントの意思を全面的に尊重すべきである。
解答・解説↓




正答番号 2,4

1 ○正しい
相談援助には、クライエントのもっている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用、援助する「エンパワメントアプローチ」が重要です。
2 ○正しい
周囲と安定的で建設的な関係を作ることはクライエントのQOLを高めます。
3 ×誤り
ソーシャルワークでは、強制的な態度をとるのでなく、例えクライエントの考え方が間違っていても、傾聴し、なぜそのような考え方をするのか考察しなければなりません。
4 ○正しい
実現可能な小さな事柄で自己決定し、成功体験を積み上げることでクライエントの意欲を高めます。
5 ×誤り
面接などを通して傾聴し、なぜ対人関係をもちたくないかを考察し、社会的孤立の解決に導くことが必要です。

問題48へ➡
 タグ
None