選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題50
介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問介護事業所と同一の建物内に居住する利用者に対して訪問介護を行った場合は、所定単位数の100分の100で算定する。
2 通院のための乗車又は降車の介助が中心である場合は、1回につき所定単位数を算定する。
3 訪問リハビリテーションの際にサービス提供責任者が同行し、利用者の身体の状況等を理学療法士等と共同で評価して訪問介護計画を作成し、それに基づき訪問介護を行った場合は、所定単位数を加算する。
4 訪問介護事業所と同一の建物内に居住する複数の利用者に対して定期的に安否を確認するための訪問は、20分未満の身体介護中心型として算定する。
5 利用者の来客への応接は、生活援助として算定する。
解答・解説↓




正答番号 2,3

1 ×誤り
訪問介護事業所と同一の建物内に居住する利用者に対して訪問介護を行った場合「同一建物減算」として100分の90に相当する単位を減算します。
2 ○正しい
設問は訪問介護の「通院乗降介助」についてのものです。時間ではなく1回につき算定されます。
3 ○正しい
「生活機能向上連携加算」として、初回の当該訪問介護が行われた日の属する月以降3月の間、1月につき所定単位数100単位が加算になります。
4 ×誤り
安否確認だけでは身体介護を算定できません。「訪問介護」ではなく「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」では安否確認のための訪問も可能です。ただし1回ごとではなく月単位の報酬に包括化されます。
5 ×誤り
来客への応接は、日常生活に必要な援助として認められず、訪問介護として算定できません。

用語解説リンク 訪問介護 身体介護

問題51へ➡
 タグ
None