選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題52
短期入所生活介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 要介護に認定された者で、慢性疾患などにより医学的管理や医療を必要とするものの利用を想定している。
2 短期入所生活介護は、「単独型」、「併設型」、「空床利用型」の3つに区分されている。
3 身体的拘束を行う場合には、その態様及び時間、その際の利用者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由を記録することとなっている。
4 短期入所生活介護計画の内容については、利用者及びその家族に説明を行う必要があるが、利用者から同意を得る必要はない。
5 在宅生活の継続への支援という観点から、利用者自らの生活スタイルを尊重することが必要になる。
解答・解説↓




正答番号 2,3,5

1 ×誤り
設問は「短期入所療養介護」についてのものです。短期入所生活介護の利用対象者は、在宅では介護困難な心身の状況悪い人、家族(介護者)の疾病や宿泊を伴う外出などで在宅で必要な介護が受けられない人、家族の介護負担が軽減される人などが想定されています。
2 ○正しい
「単独型」は施設と同一に運営されるのではなく、ショートステイ専門で運営されるもの、「併設型」は介護老人福祉施設などに併設されているもの、「空床利用型」は介護老人福祉施設などで、特別に短期入所生活介護のための居室を設けず、入所者の空きによりサービスを提供するものです。
3 ○正しい
身体拘束は原則禁止ですが、緊急やむを得ない理由で行った場合設問のように記録することが必要です。
4 ×誤り
短期入所生活介護計画の内容も他のサービス同様利用者の同意が必要です。
5 ○正しい
利用者自らの生活スタイルを尊重することが基準にて定められています。

用語解説リンク 短期入所生活介護 短期入所療養介護

問題53へ➡
 タグ
None