選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題56
介護保険における介護予防訪問入浴について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 看護職員1人と介護職員1人の2人でサービス提供することができる。
2 利用者の体調が安定している場合には、医師の意見を確認した上で、介護職員2人で入浴サービスを提供することができる。
3 利用者の自宅の浴槽を利用して、入浴サービスを提供することができる。
4 浴槽や器具は、1日に1回、その日の業務が終了したときに清掃する。
5 自立した日常生活を営めるよう、生活機能の維持、向上を目指すものでなければならない。
解答・解説↓




正答番号 1,2,5

1 ○正しい
介護予防訪問入浴は看護職員1人と介護職員1人の2人でサービス提供することができます。
2 ○正しい
介護職員2人でサービスを提供する場合、100分の95に相当する単位を算定します。
3 ×誤り
介護予防訪問入浴介護で利用者の自宅の浴槽を利用することはできません。
4 ×誤り
浴槽や器具の清掃・消毒は1回のサービス提供終了ごとに行います。
5 ○正しい
自立した日常生活を営めるよう、生活機能の維持、向上を目指すことが基準にて定められています。

用語解説リンク 訪問入浴介護

問題57へ➡
 タグ
None