選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題59
後期高齢者医療制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 被保険者は、75歳以上の者に限定される。
2 運営主体は、都道府県ごとにすべての市町村が加入して設立された「後期高齢者医療広域連合」である。
3 生活保護法による保護を受けている世帯に属する者は、被保険者にはならない。
4 入院時食事療養費や移送費は、後期高齢者医療給付には含まれない。
5 被保険者が給付を受ける際の一部負担は、1律1割である。
解答・解説↓




正答番号 2,3

1 ×誤り
後期高齢者医療制度においては65歳以上75歳未満でも、 当該広域連合の障害認定を受けた人は被保険者となります。
2 ○正しい
運営主体の「後期高齢者医療広域連合」は都道府県ごとに全ての市町村が加入しています。
3 ○正しい
生活保護法による保護を受けている人は被保険者になりません。
4 ×誤り
入院時食事療養費とは. 被保険者が入院したときの食事にかかる費用です。医療給付に含まれますが決められた金額までは自己負担になります。交通費についてはやむを得ず病気やケガの治療のため、または入(転)院する際、あるいは転地療養の際、 歩行が著しく困難で、健保組合が認めた場合に限り、 基準内において全額が現金給付(移送費)されます。
5 ×誤り
後期高齢者医療制度は原則として1割ですが所得に応じて3割の負担もあります。

用語解説リンク 後期高齢者医療制度 後期高齢者医療広域連合

問題60へ➡
 タグ
None