選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題1
要介護者等を取り巻く状況について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると、85歳以上の者のおおむね2人に1人が要支援・要介護認定を受けている。
2 国民健康保険中央会発表(平成23年10月分)によると、要支援・要介護認定を受けた者は高齢者人口の17.9%である。
3 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」によると、今後、後期高齢者の増加が著しいと見込まれている。
4 国民生活基礎調査(平成22年)によると、要支援者のいる世帯は三世代世帯が最も多い。
5 近年の人口の都市集中化現象により、子との同居率は高まっている。
解答・解説↓




正答番号 1,2,3

1 〇正しい
85歳以上で要支援または要介護認定を受けた人は約58%となっています。
2 〇正しい
平成23年10月時点で、要支援要介護認定を受けた人は高齢者(65歳以上)人口の17.9%となっています。
3 〇正しい
後期高齢者の増加が前期高齢者より多いと見込まれています。
4 ✕誤り
要支援者のいる世帯は単独世帯が最も多くなっています。
5 ✕誤り
都市集中化現象は進行していますが、子との同居率は低下しています。

問題2へ➡
 タグ
None