選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題2
介護保険の国の事務について正しいのはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅介護支援事業の人員・運営基準の設定
2 要介護認定不服審査基準の設定
3 居宅介護サービス費等種類支給限度基準額の設定
4 居宅介護サービス費等区分支給限度基準額の設定
5 第2号被保険者負担率の設定
解答・解説↓




正答番号 1※,4,5

1 〇正しい(※現制度では×誤りとなります)
従来は国の事務として省令で定められていましたが、平成23年の法改正により、介護サービスの基準は指定権を持つ都道府県、市町村の条例に委任されています。居宅介護支援事業の基準は都道府県の条例で定められます。
2 ☓誤り
要介護認定不服審査は国ではなく、都道府県に設置された介護保険審会が行います。
3 ✕誤り
「居宅介護サービス費等種類支給限度額」(サービス別の限度額)は市町村が設定ます。国が設定するのは「居宅介護サービス費等区分支給限度額」(介護度別の限度額)です。
4 〇正しい
「居宅介護サービス費等居宅介護サービス費等区分支給限度額」(介護度別の限度額)は国が設定します。市町村が設定する「居宅介護サービス費等種類支給限度額」(サービス別の限度額)と間違えないよう注意してください。
5 〇正しい
第2号被保険者負担率の設定は国が行い、その率に基づき健康保険組合などの各医療保険者が算出します。

用語解説リンク 居宅介護支援 介護保険審査会 種類別支給限度基準額 区分支給限度基準額 第2号被保険者

問題3へ➡
 タグ
None