選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題3
保険者における介護保険の会計について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険に関する収入及び支出については、特別会計を設けなければならない
2 特別会計は、保険事業勘定と介護サービス事業勘定に区分する。
3 特別会計の運営は、介護保険法や地方自治法などの諸規定に従って行う。
4 財政安定のため、都道府県に委託して行うことができる。
5 町村にあっては、一般会計の中で行うことが認められている。
解答・解説↓




正答番号 1,2,3

1 〇正しい 
「市町村及び特別区は、介護保険に関する収入及び支出について、政令で定めるところにより、特別会計を設けなければならない」と法により定められています。
2 ○正しい
保険者の介護保険に関する収入及び支出「特別会計」は「保険事業勘定及び介護サービス事業勘定に区分しなければならない」と定められています。
3 ○正しい
保険者の介護保険に関する収入及び支出「特別会計」はは介護保険関連の法令、政令、省令の他、地方自治体(市町村)の定めた規定により運営されます。
4 ×誤り
保険者の介護保険会計には市町村の中で「特別会計」が設けられます。この業務は保険者である市町村が行うものとされ、委託はできません。
5 ×誤り
「町村」、つまり規模の小さい保険者について問われていますが、規模の大小に関係なく保険者は「特別会計」を設けなければなりません。

用語解説リンク 保険事業勘定 介護サービス事業勘定

問題4へ➡
 タグ
None