選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題5
定期巡回・随時対応型訪問介護看護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 提供するサービスは、定期巡回サービス、随時対応サービス及び訪問看護サービスの3つである。
2 主冶の医師が認めた居宅要介護者以外は、給付対象とならない。
3 「介護・看護一体型」の場合には、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士を事業所に配置することができる。
4 訪問看護サービスを行うのは、看護師に限られる。
5 入浴の介護も行うことができる。
解答・解説↓




正答番号 3,5

1 ×誤り
提供するサービスは他に「随時訪問サービス」があります。「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は平成24年に創設された地域密着型のサービスです。
2 ×誤り
サービスは訪問介護のみで行う場合と訪問看護を伴う場合があり、訪問介護のみ行う場合は「医師の指示」は必要ありません。
3 ○正解
訪問看護を伴う場合、保健師または看護師以外の配置は必須です。「理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士」の配置は実情に応じ適当数配置することができます。
4 ×誤り
「看護師」の他に「准看護師」もサービスを行うことができます。「看護師」と「准看護師」は行うことのできる行為に差はありませんが正看護師は医師の指示のもとに業務を行い、看護師は、医師・歯科医師・正看護師の指示のもとに業務を行います。看護師、准看護師の他にも保健師、理学療法士などが訪問看護サービスを提供できます。
5 ○正解
入浴の介護も行うことができます。定期巡回・随時対応型訪問介護看護の基本方針に「5.定期的な巡回または随時通報によりその者の居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護、日常生活上の緊急時の対応その他、安心してその居宅において生活ができるようにするための援助を行う」と規定されています。

用語解説リンク 定期巡回・随時対応型訪問介護看護

問題6へ➡
 タグ
None