選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題8
介護保険施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護老人福祉施設の指定を受けるためには、老人福祉法上の特別養護老人ホームの設置認可を別途受けている必要がある。
2 介護老人福祉施設は、市町村長への届出により施設の廃止ができる。
3 介護老人保健施設は、都道府県知事から開設の許可を受けたものである。
4 介護老人保健施設の開設者には、社会福祉法人も含まれる。
5 介護老人保健施設の開設許可は、医療法に基づき行われる。
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい
「介護老人福祉施設」の指定を受けるには介護保険法と、老人福祉法両方の設置認可を受ける必要があります。
2 ×誤り
「介護老人福祉施設」の廃止には市町村ではなく指定権のある都道府県への届け出が必要です。介護保険法では介護老人福祉施設には「廃止の届け出」に関する規定はなく「指定の辞退」とされていますが、実際に廃止する際には「廃止届け」も提出します。
3 ○正しい
介護老人保健施設は、都道府県知事から許可を得て指定を受けます。
4 ○正しい
「介護老人保健施設」を開設できるものは地方公共団体、医療法人、社会福祉法人、その他厚生労働大臣が定めた者(国、日本赤十字社、健康保険組合、共済組合等)とされています・
5 ☓誤り
介護老人保健施設は「介護保険法」に基づき開設許可を受けます。医療系サービスなので「医療法に基づき」に引っかけられそうな問題ですので注意してください。

用語解説リンク 介護老人福祉施設 介護老人保健施設

問題9へ➡
 タグ
None