選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題15
要介護認定の仕組みについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 判定は、市町村が定める客観的基準に基づき行われる。
2 被保険者が住所を移転した場合には、14日以内に判定をし直す。
3 職権による要介護状態区分の変更認定に必要な主治医意見書のための診断命令に被保険者が正当な理由なく従わないときは、認定を取り消すことができる。
4 介護保険審査会は、市町村に設置される。
5 介護認定審査会は、市町村に設置される。
解答・解説↓




正答番号 3,5

1 ×誤り
要介護認定の判定を行うのは市町村が設置する「介護認定審査会」ですが、「客観的基準」は厚生労働大臣が全国一律に定めます。
2 ×誤り
転居した場合でも14日以内に介護保険の転居申請を行えば介護度がそのまま適用されます。.転居前の市町村から発行された認定に係る事項を証明する書面を添えて申請します。
3 ○正しい
市町村は職権により認定を取り消すことができます。要介護認定を受けるには主治医の意見書が必要です。そのための診察を拒むと主治医の意見書の作成が不可能となり、認定を受けることが出来ません。
4 ×誤り
介護保険審査会は都道府県に設置されます。市町村に設置される「介護認定審査会」と読み間違えないように注意してください。
5 ○正しい
介護認定審査会は市町村に設置されます。都道府県ごとに設置される「介護保険審査会」と読み間違えないよう注意してください。

用語解説リンク 主治医意見書 介護保険審査会 介護認定審査会

問題16へ➡
 タグ
None