選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題21
地域包括支援センターと指定介護予防支援事業者について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 地域包括支援センターは、包括的支援事業を行う施設である。
2 地域包括支援センターは、居宅サービス計画の検証を行う。
3 地域包括支援センターは、施設サービス計画の検証を行う。
4 介護予防支援事業者の指定は、都道府県知事が行う。
5 介護予防支援事業者の指定を受ける者は、非営利法人に限られる。
解答・解説↓




正答番号 1,2,3

1 ○正しい
「包括支援事業」は市町村が実施する、地域支援事業の一部として包括支援センターが行います。
2 ○正しい
地域包括支援センターは、地域支援事業の任意事業である「介護給付等費用適正化事業」として居宅サービス計画の検証を行います。
3 ○正しい
地域包括支援センターは、地域支援事業の任意事業である「介護給付等費用適正化事業」として施設サービス計画の検証を行います。
4 ×誤り
「介護予防支援事業者」の指定は市町村が行います。都道府県が指定する「介護予防サービス事業者」と間違えないよう注意してください。
5 ☓誤り
介護予防支援事業者の資格要件の中で営利、非営利は問われていません。医療法人や株式会社でも市町村が適当と認めれば指定を受けることが出来ます。

用語解説リンク 地域包括支援センター 地域支援事業 任意事業 介護予防支援

問題22へ➡
 タグ
None