選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題35
次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 胃ろう部にスキントラブルのない療養者は、胃ろう部をドレッシング材で被わずに、胃ろう周囲を石けんで洗うことも、浴槽に入ることもできる。
2 嚥下障害の初期症状を認めたら、誤嚥性肺炎や低栄養を予防するため、直ちに経管栄養チューブや胃ろうに切り替え、必要栄養摂取量の確保を行う。
3 胃ろうから栄養補給している療養者でも、摂食・嚥下機能をアセスメントして経口摂取が可能な場合には、経口移行計画を作成し、それに基づき経口摂取を進める。
4 尿道留置カテーテルによる尿路感染を予防するため、日常的に膀胱洗浄を行う。
5 尿道留置カテーテルの蓄尿バッグについては、移乗時に膀胱より高い位置になって逆流が起こらないよう留意しなければならない。
解答・解説↓




正答番号 1,3,5

1 ○正しい
傷を保護するために巻いたり覆ったりするものを総じて「ドレッシング材」と呼びます。胃ろう部に問題のない場合はドレッシング材は不要で普通に洗うことができます。
2 ×誤り
嚥下障害の初期症状では経管栄養や胃ろうの前に、食べ物の形状や、食事姿勢、介助方法などを検討します。
3 ○正しい
「食べる」という行為はQOLの重要な部分です。可能な限り経口摂取できるようすすめていきます。
4 ×誤り
以前は定期的に膀胱洗浄が行われていましたが、現在は、治療上必要な場合以外は膀胱洗浄を避ける、とされています。
5 ○正しい
。蓄尿バッグは逆流しないよう、車椅子に設置する際など注意が必要です。

用語解説リンク 誤嚥性肺炎

問題36へ➡
 タグ
None