選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題36
痰の吸引について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 長期療養で気管切開や気管挿管を受けている者では、自力で気道内の分泌物を喀出できない場合も多いので、気道確保のために吸引が必要である。
2 意識のある療養者では、吸引は激しい咳嗽(がいそう)反射を起こし、負担がかかるので、吸引は慎む。
3 口腔・鼻腔吸引及び気管内吸引が必要な療養者では、カテーテルを介した感染の危険性があるので、口腔・鼻腔用と気管内用のカテーテルは別にする。
4 療養者の退院に当たっては、その家族が日常的に吸収の操作を行うことができるように、トレーニングを受けることが望ましい。
5 吸引に際しては、事前に体位ドレナージを行うと喀痰が移動してしまうので、有効な排痰ができなくなる。
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい自力で喀痰できない場合、吸引が必要になります。
2 ×誤り
意識があっても自力で喀痰できない場合吸引が必要になります。
3 ○正しい
感染を防ぐため口腔・鼻腔用と気管内用のカテーテルは別にします。
4 ○正しい
在宅で吸引が必要な場合、家族が対応できるように入院中に指導が行われます。
5 ×誤り
「ドレナージ」とは体内の余分な水分・血液などを体外に抜き取る処置のことで、「体位ドレナージ」とはいろいろな体位をとることにより、重力を利用して排痰などを促すことです。吸引の前に行うことは有効とされています。

問題37へ➡
 タグ
None