選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題39
訪問看護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問看護開始時における主治の医師の指示書のとおりにサービスを提供していれば、訪問看護報告書を主治医に定期的に提出する必要はない。
2 末期の悪性腫瘍は、医療保険による訪問看護の対象となる「厚生労働大臣が定める疾病等」に該当する。
3 要介護者に対して医療保険と介護保険の両方から給付が可能な場合には、医療保険を優先して適用する
4 訪問介護事業所の利用者に対し、喀痰吸引等に係る特定行為業務を円滑に行うための支援を行った場合には、看護・介護職員連携強化加算を算定できる。
5 訪問看護ステーションは、緊急時24時間連絡体制を義務づけられている。
解答・解説↓




正答番号 2,4

1 ☓誤り
訪問看護を行った場合、訪問看護報告書として作成し提出することが義務付けられています。
2 ○正しい
「厚生労働大臣が定める疾病等」は他に多発性硬化症 、重症筋無力症 、スモン 、筋萎縮性側索硬化症 、脊髄小脳変性症など十数種類に及びます。
3 ×誤り
要介護者の場合、介護保険が優先されます。
4 ○正しい
看護・介護職員連携強化加算は、「訪問看護事業所の看護職員が、訪問介護事業所の訪問介護員等に対し、たんの吸引等の業務が円滑に行われるよう、たんの吸引等に係る計画書や報告書 の作成及び緊急時等の対応についての助言を行うとともに当該 訪問介護員等に同行し、利用者の居宅において業務の実施状況 について確認した場合、又は利用者に対する安全なサービス提 供体制整備や連携体制確保のための会議に出席した場合に算定 する」と定められています。
5 ×誤り
「緊急時訪問看護加算」の算定には必要ですが、全ての訪問看護ステーションに義務付けられてはいません。

用語解説リンク 訪問看護 厚生労働大臣が定める疾病

問題40へ➡
 タグ
None