選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題43
在宅医療について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 人工呼吸器を装着している場合には、外出はできないため、社会参加は考慮しなくてもよい。
2 在宅酸素療法を実施している場合には、酸素濃縮器にはバッテリーが内臓されているので、2日間程度なら停電になっても問題はない。
3 パルスオキシメーターの測定値は、貧血、末梢循環不全、あるいは濃いマニキュアを爪に塗っている場合には、正確な数値を示さないことがある。
4 在宅で持続点滴をしている場合であっても、訪問入浴介護を利用することができる。
5 胃ろうからの経管栄養を受けている者が下痢になった場合には、消化吸収を速やかに行う必要があるため、注入速度を速くする。
解答・解説↓




正答番号 3,4

1 ×誤り
人口呼吸器にも外出仕様のコンパクトなものもあり、外出は可能です。積極的な社会参加が求められます。
2 ×誤り
内臓のバッテリーは2日ももたないので、停電に備えて予備のバッテリーの用意など対策が必要です。
3 ○正しい
「パルスオキシメーター」とは指などにクリップのように挟んで動脈血流酸素飽和濃度(SpO2)と脈拍を測定します。濃いマニュキュアなどは機械から出る光の透過を阻害するため、正確な数値が出ない場合があります。
4 ○正しい
訪問入浴には看護師が同行しており、在宅で持続点滴をしている人も対応可能です。
5 ×誤り
設問とは逆で、注入速度を遅くし、様子をみます。

用語解説リンク 在宅酸素療法 訪問入浴介護

問題44へ➡
 タグ
None