選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題44
口腔ケア及び誤嚥性肺炎について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 総義歯の高齢者であっても、定期的な口腔ケアは必要である。
2 食事摂取後すぐに臥位になった方が、胃腸の動きが活発になるので、誤嚥性肺炎の予防につながる。
3 口腔ケアは、口腔内細菌を減少させるとともに咳嗽反射を促すので、誤嚥性肺炎の予防に有効である。
4 脳卒中で麻痺のある高齢者では、麻痺側の頬の内側に食物が残っていることが多いので、残渣の有無を確認しながら食事の介助をする。
5 糖尿病に罹患した高齢者では、出血傾向が増すので、歯肉出血のリスクがある口腔ケアは慎む。
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい
よく出される問題です。総義歯でも口腔内の清潔を保持することは重要です。 
2 ×誤り
食後すぐに臥位になると、食べたものが逆流して誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。
3 ○正しい
口腔ケアは、嚥下の反射だけでなく咳の反射も促進し誤嚥性肺炎の予防に有効です。
4 ○正しい
麻痺側では上手く咀嚼や嚥下ができず食べ物が残ってしまうことが多く見られます。
5 ×誤り
糖尿病患者は免疫力の低下により感染しやすくなtっているため、口腔内の清潔保持は必要です。

用語解説リンク 誤嚥性肺炎

問題45へ➡
 タグ
None