選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題45
介護保険サービスについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 療養通所介護は、難病、認知症、脳血管疾患後遺症やがん末期の要介護者などに対して、介護療養型医療施設が行うサービスである。
2 利用者が連続して30日を超えて短期入所療養介護を受けている場合には、30日を超えた日以降は短期入所療養介護費は算定できない。
3 医師、薬剤師が行う居宅療養管理指導は、介護支援専門員によるケアプランが作成されていなくても、算定できる。
4 特定短期入所療養介護は、インフルエンザやノロウイルスなどに罹患している利用者を個室で管理した場合に限り、算定できる。
5 緊急短期入所受入加算は、居宅サービス計画を担当する介護支援専門員がその必要性を認め緊急にサービスが行われた場合に、7日を限度として算定できる。
解答・解説↓




正答番号 2,3,5

1 ×誤り
療養通所介護は介護療養型医療施設が行うサービスではありません。難病、認知症、脳血管疾患後遺症やがん末期の要介護者などを対象とすることについては正解です。
2 ○正しい
短期入所療養介護費は30日を超えた日以降は算定できません。
3 ○正しい
居宅療養管理指導はケアプランの作成が作成されていなくても算定できますが、介護支援専門員への情報提供が義務付けられています。
4 ×誤り
「特定短期入所療養介護」は日帰りのサービスであり、難病やがん末期の要介護者など、医療ニーズと介護ニーズの両方をもつ在宅の中重度者を対象としています。
5 ○正しい
設問のとおり介護支援専門員が必要性を認めた場合に7日を限度として算定できます。

用語解説リンク 療養通所介護 短期入所療養介護 居宅療養管理指導 特定短期入所療養介護

第15回医療サービス分野終了
第15回福祉サービス分野問題46へ➡
 タグ
None