選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題46
面接場面におけるコミュニケーションについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 面接場所の設定、いすの配置、部屋の雰囲気、職員の服装も円滑なコミュニケーションを図る上での重要な要素となる。
2 面接の焦点を定める際には、クライエントが明示しなかったものは取り上げない。
3 傾聴を行う上では、「もう少し詳しく話してください」とか、「例えば?」などの質問はあまり使用しない方がよい。
4 相談援助者には、相手のメッセージを正確に受け取ろうとする姿勢が重要である。
5 相談援助者は、相手の文化的・社会的背景を十分に配慮する。
解答・解説↓




正答番号 1,4,5

1 ○正しい
面接現場の環境設定はクライエントをリラックスさせ、支援者を信用させるためにも重要です。
2 ×誤り
クライエントが明確に発言しなかったことも、その雰囲気や態度から感情面を汲み取ることも重要です。明示しなかった事実にも何らかの意味がある可能性もあります。
3 ×誤り
設問は「オープンクエスチョン」といわれ、相手に答え方を限定させないことで、傾聴には適しています。
4 ○正しい
相談援助者の真摯な態度がクライエントに信用感を与え、面接をスムーズで有意義なものします。
5 ○正しい
相手の文化的・社会的背景を知り配慮しなければ、共感的受容はできません。

問題47へ➡
 タグ
None