選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題49
ソーシャルワークの観点から援助困難事例への対応方法について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 認知症のある利用者から、訪問介護員に物を盗られたとの訴えがあったため、最初に警察に相談し助言を求めた。
2 認知症が疑われる利用者が、保健・医療・福祉の専門家チームが必要と考えるサービスを拒否したため、やむを得ず居宅介護支援の契約を打ち切った。
3 家族が認知症からくる行動障害のために介護負担を感じていたため、介護支援専門員の判断で、本人をグループホームに入所させた。
4 買い物や食事などの利用者の抱える切実な問題の解決に具体的に取り組むことも必要である。
5 攻撃的な利用者に対しては、ときには距離を置いて見守りながら、その自尊心、自立心を傷つけないようにすることも必要である。
解答・解説↓




正答番号 4,5

1 ×誤り
最初に警察に相談し助言を求るのは適切とはいえません。関係者に事実確認を行うことが適切です。
2 ×誤り
利用者本位の基本からも、チームの考えを押し付けるやり方は適切ではありません。居宅介護支援の契約を打ち切る正当な理由にもなっていません。
3 ×誤り
サービス利用は自己決定が基本であり、認知症があるからといって、本人の意思を考慮しない対応は適切ではありません。
4 ○正しい
利用者のニーズに対し、必要性に応じて順番付けをすることが重要であり、設問のように、切実な問題には優先的に取り組みます。
5 ○正しい
距離を置いて冷静に話を聞き、利用者の攻撃的態度を表出させることでニーズの全体像を探ることも必要です。

問題50へ➡
 タグ
None