選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題50
介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問介護員等が生活援助として買い物を行う場合は、利用者宅に訪問するための移動中に商品を購入することもできる。
2 要介護1の利用者に対し行った日中における20分未満の身体介護中心型は、保険給付の対象となる。
3 嚥下困難者のための流動食の調理は、生活援助として算定する。
4 安否確認のための訪問は、20分未満の身体介護中心型として算定できる。
5 利用者が飼育している犬の散歩は、介護保険給付の対象外である。
解答・解説↓




正答番号 1,5

1 ○正しい
以前はサービスの開始は利用者宅から開始しなければなりませんでしたが、平成24年に厚生労働省より、利用者宅に訪問するための移動中に商品を購入する支援方法が認められました。
2 ×誤り
要介護1、2の利用者に対しての20分未満の身体介護は「認知症」が条件となります。、介護度が3以上で、障害高齢者の日常生活自立度ランクがB以上の利用者も対象となります。
3 ×誤り
身体介護の中の「その他専門的知識・技術(介護を要する状態となった要因である心身の障害や疾病等に伴って必要となる特段の専門的配慮)をもって行う利用者の日常生活上・社会生活上のためのサービス 」として算定できます。
4 ×誤り
安否確認のためだけでは、20分未満の身体介護を算定することはできません。
5 ○正しい
ペットの世話は、訪問介護で行う日常生活を営むのに必要な行為とは認められていません

用語解説リンク 訪問介護 身体介護 生活援助

問題へ51➡
 タグ
None