選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題51
介護保険における訪問による入浴の介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 訪問入浴介護事業所が、その事業所と同一の建物に居住する利用者に対し訪問入浴介護を提供する場合には、所定単位数の100分の90に相当する単位数を算定する。
2 利用者の身体の状況等に支障を生ずるおそれがなく、主治の医師の意見を確認した上で、介護職員3人で訪問入浴介護を提供した場合には、所定単位数の100分の100を算定できる。
3 訪問入浴介護において十分な経験年数がある介護職員が訪問する場合には、主治の医師の意見の確認なしに入浴の可否を判断してよい。
4 全身入浴の介助に必要な場合には、訪問介護と訪問看護を同時間に利用することができる。
5 訪問入浴介護において利用者の体調が悪く、利用者の希望により部分浴のみ行った場合にも、全身入浴と同じ単位数を算定することができる。
解答・解説↓




正答番号 1,4

1 ○正しい
「訪問入浴同一建物減算」として設問のように100分の90に減算されます。
2 ×誤り
介護職3人でのサービス提供は可能ですがその場合所定単位の100分の95を算定します。
3 ×誤り
入浴の可否は、看護師から主治医へ連絡・相談し判断を仰がなければなりません。
4 ○正しい
設問は訪問介護による入浴介助のことと考えられます。利用者の心身の状況や介護の内容に応じて、同一時間帯に利用することが必要な場合に限り訪問看護と同時に算定できます。
5 ×誤り
設問の場合「訪問入浴・部分浴」として100分の70に相当する単位を算定します。

用語解説リンク 訪問入浴介護 訪問介護 訪問看護

問題52へ➡
 タグ
None