選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題53
介護保険の給付対象となる福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 認知症老人徘徊感知機器は、福祉用具貸与の対象となる。
2 自動排泄処理装置は、交換可能部品も含め、特定福祉用具販売の対象となる。
3 設置工事を伴うスロープは、福祉用具貸与の対象となる。
4 移動用リフトは、つり具の部分も含め福祉用具貸与の対象となる。
5 入浴補助用具は、特定福祉用具販売の対象となる。
解答・解説↓




正答番号 1,5

1 ○正しい
「認知症老人徘徊感知機器」はベッドや車椅子になどに設置して、そこから離れると介助者に通知するシステムになっています。福祉用具貸与の対象です。
2 ×誤り
自動排泄処理装置は2012年の法改正で、「特定福祉用具販売」から「福祉用具貸与」の対象項目に変更となりました。
3 ×誤り
よく出題される問題です。工事を伴う場合、福祉用具貸与ではなく住宅改修の対象になります。
4 ×誤り
よく出題されます。「つり具」の部分のみ特定福祉用具販売の対象になります。
5 ○正しい
入浴用いすや浴槽手すりなどの入浴補助用具は特定福祉用具販売の対象となります。

用語解説リンク 福祉用具貸与 特定福祉用具販売 居宅介護住宅改修費

問題54へ➡
 タグ
None