選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題56
介護老人福祉施設の介護支援専門員について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 計画担当介護支援専門員は、定期的に利用者と面接し、サービスの実施状況を把握しなければならない。
2 施設サービス計画の作成に当たり、地域住民による自発的な活動等の利用を含めて施設サービス計画上に位置づけるよう努めなければならない。
3 入所者が要介護状態区分の変更の認定を受けた場合には、計画担当介護支援専門員は、担当者の意見を求めることなく、自らの判断で施設サービス計画の変更ができる。
4 介護支援専門員が必要と認めた場合であれば、入所者の負担で居宅療養管理指導等の居宅サービスを利用することができる。
5 介護老人福祉施設には、常勤の介護支援専門員を1名以上置かなければならない。
解答・解説↓




正答番号 1,2,5

1 ○正しい
設問のとおり面接し、モニタリングの結果を記録することを実施しなければならないと定められています。
2 〇正しい
介護老人福祉施設の介護支援専門員が計画書を作成する際は、設問のとおりの文章で、法により定められています。
3 ×誤り
要介護状態区分の変更の認定を受けた場合にはサービス担当者会議などで担当者の意見を求め、施設サービス計画書を作成しなければなりません。
4 ☓誤り
介護支援専門員が必要と認めても、制度として居宅療養管理指導等の居宅サービスは、施設入所中は利用できません。
5 ○正しい
介護老人福祉施設では、常勤の介護支援専門員の配置が基準にて規定されています。入所者の数が100人またはその端数を増すごとに1を標準とするして増員しなければなりません。

用語解説リンク 介護老人福祉施設 居宅サービス

問題57へ➡
 タグ
None