選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題59
成年後見制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 成年後見人は、本人の居住用不動産の処分を含め、本人の財産に関する法律行為を家庭裁判所の許可なく本人に代わって行うことができる。
2 市町村長は、65歳以上の者の福祉を図るため特に必要があると認めるときは、後見開始等の審判を請求することができる。
3 成年被後見人による法律行為を、当該成年被後見人が自らこれを取り消すことはできない。
4 任意後見契約の委任者(本人)と任意後見受任者は、公正証書で任意後見契約を交わさなければならない
5 任意後見制度では、家庭裁判所が、任意後見人の四親等内の親族の中から任意後見監督人を選任する。
解答・解説↓




正答番号 2,4

1 ×誤り
本人の財産を処分する際などは、家庭裁判所の許可が必要です。
2 ○正しい
成年後見の申立人は本人・配偶者・4親等以内の親族とされていますが、適切な申立人がいない場合、市町村長の申し立てが行われます。
3 ×誤り
成年後見人が行った法律行為は取り消すことができます。
4 ○正しい
設問のとおり任意後見契約は公正証書で交わさなければなりません。
5 ×誤り
任意後見監督人とは、任意後見人の行為を監督する役割の者で、家庭裁判所が選任しますが「四親等以内の親族」という定めはありません。

用語解説リンク 成年後見制度 任意後見制度

問題60へ➡
 タグ
None