選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題1
市町村介護保険事業計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 市町村地域福祉計画と一体のものとして作成する。
2 市町村老人福祉計画と連携をとって作成する。
3 地域支援事業の量の見込みを定める。
4 介護保険施設の必要入所定員の見込みを定める。
5 認知症対応型共同生活介護の必要利用定員の見込みを定める。
解答・解説↓




正答番号 3,5

1 ☓誤り
「一体」ではなく「調和の保たれた」ものとして作成されます。市町村介護保険事業計画で「一体」とされるのは「市町村老人福祉計画」です。それ以外は「連携」「調和」などの言葉が使われます。
2 ☓誤り
「連携」ではなく「一体」として作成されます。
3 〇正しい
地域支援事業の主体は市町村です。量の見込みも市町村が定めます。
4 ☓誤り
介護保険施設の指定・管轄は都道府県です。必要入所定員の見込みは都道府県介護保険事業計画」で定められます。
5 〇正しい
認知症対応型共同生活介護は地域密着型サービスです。指定・管轄は市町村となります。必要利用定員の見込みは市町村介護保険事業計画で定められます。

用語解説リンク 市町村介護保険事業計画 市町村老人福祉計画 地域支援事業 介護保険施設 都道府県介護保険事業計画 認知症対応型共同生活介護 地域密着型サービス

問題2へ➡
 タグ
None