選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題7
介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護予防サービスに係る情報の公表は、市町村長が行う。
2 地域密着型サービスに係る情報の公表は、市町村長が行う。
3 調査事務は、市町村長が行う。
4 調査機関の指定は、都道府県知事が行う。
5 利用者のサービス選択に資するために行う。

解答・解説↓




正答番号 4,5

1 ☓誤り
介護予防サービスに係る情報の公表は都道府県知事または指定情報公表センターが行います。
2 ☓誤り
地域密着型サービスに係る情報の公表は都道府県知事または指定情報公表センターが行います。
3 ☓誤り
調査事務は都道府県または都道府県は調査事務を都道府県が指定した調査機関が行います。
4 〇正しい
調査機関の指定は、都道府県知事が行います。
5 〇正しい
「介護サービス情報の公表制度」は介護サービスを利用しようとしている人が事業所選択を支援することを目的として実施されます。

用語解説リンク 介護サービス情報の公表制度 情報公表センター 地域密着型サービス

問題8へ➡
 タグ
None