選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題8
国民健康保険団体連合会の業務について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 広域保険者を監督する。
2 介護給付費等審査委員会の委員を委嘱する。
3 指定居宅介護支援事業を運営することができる。
4 介護保険施設を運営することができる。
5 指定地域密着型サービス事業を運営することはできない。

解答・解説↓




正答番号 2,3,4

1 ☓誤り
「広域連合」という仕組みはありますが、「広域保険者」という概念はありません。保険者は市区町村です。後期高齢者医療制度では「広域連合」が置かれ、都道府県の区域内の全市町村が加入し「医療保険者」となります。混同しないよう注意してください。
2 〇正しい
介護給付費審査委員会は保険者(市町村)の委託を受けてに設置されます。介護給付費請求書の審査を行います。
3 〇正しい
国保連は指定居宅介護支援事業所を運営できます。居宅介護支援事業所の指定は都道府県知事が行います。
4 〇正しい
国保連は介護保険施設を運営できます。介護保険施設の指定は都道府県知事が行います。
5 ☓誤り
国保連は指定地域密着型サービス事業を運営できます。地域密着型サービスの指定は市町村長が行います。

用語解説リンク 国保連 広域連合 介護給付費等審査委員会 居宅介護支援 介護保険施設 地域密着型サービス

問題9へ➡
 タグ
None