選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題16
要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1  要介護認定等基準時間には、徘徊に対する探索が含まれる。
2 要介護認定等基準時間には、輸液の管理が含まれる。
3 市町村は、新規認定調査を指定市町村事務受託法人に委託できる。
4 要介護認定は、申請者の家庭での介護時間を計測して行う。
5 家庭裁判所には、申請権がある。
解答・解説↓




正答番号 1,2,3

1 〇正しい
要介護認定調査には徘徊に関する項目があります。徘徊の頻度が要介護認定等基準時間に反映されます。
2 〇 正しい
認定調査項目には「過去 14 日間にうけた特別な医療について」の項目があり、「点滴の管理」が含まれます。
3 〇正しい
市町村は、新規認定調査を指定市町村事務受託法人に委託できます。新規申請認定調査は市町村の職員または、指定市町村事務受託法人の介護支援専門員の資格を有する者が行うことができます。
4 ☓誤り
要介護認定は申請者の家庭での介護時間を計測しません。認定調査票の結果と主治医意見書により要介護度の認定が行われます。
5 ☓誤り
要介護認定の申請代行を業としてできるものは介護保険法により定められています。社会保険労務士、地域包括支援センター・厚生労働省令で定めた指定居宅介護支援事業者、地域密着型介護老人福祉施設、介護保険施設。

用語解説リンク 要介護認定等基準時間 特別な医療 指定市町村事務受託法人 主治医意見書 

問題17へ➡
 タグ
None