選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題18

要介護認定における主治医意見書の項目として正しいものはどれか。3つ選べ。

1 認知症初期集中支援チームとの連携に関する意見
2 心身の状態に関する意見
3 社会生活への適応に関する意見
4 傷病に関する意見
5 生活機能とサービスに関する意見
解答・解説↓




正答番号 2,4,5

1 ☓誤り
主事意見書の項目に認知症初期集中支援チームとの連携に関する意見はありません。
〇主治医意見書の項目
「傷病に関する意見」
「特別な医療」
「心身の状態に関する意見」
「生活機能とサービスに関する意見」
「特記すべき事項」
2 〇正しい
主事意見書には心身の状態に関する意見として「障害高齢者の日常生活自立度」「認知症高齢者の日常生活自立度」を記入する欄があります。
3 ☓誤り
社会生活への適応に関する意見は事意見書項目にありません。認定調査票の基本調査項目には「社会生活への適応」があります。
4 〇正し
傷病に関する意見は主事意見書の項目にあります。
5 〇正しい
生活機能とサービスに関する意見は主治医意見書の項目にあります。

用語解説リンク 主治医意見書 認知症初期集中支援チーム 障害高齢者の日常生活自立度 認知症高齢者の日常生活自立度 認定調査票の基本調査項目

問題19へ➡
 タグ
None