選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題20
医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針として正しいものはどれか。3つ選べ。

(注)「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。
1 介護認定審査会に対し、療養上の留意点に関する意見を述べる。
2 居宅介護支援事業者の求めに応じ、居宅サービス計画作成に必要な情報提供を行う。
3 居宅サービス計画作成に必要な情報提供は、原則として、サービス担当者会議に参加して行う。
4 利用者に提供した内容を居宅介護支援事業者に報告しなければならない。
5 利用者の家族に対して介護方法等の指導を行う。
解答・解説↓




正答番号 2,3,5

1 ☓誤り
「介護認定審査会に対し、療養上の留意点に関する意見を述べる」は医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針に該当しません。平成11年厚生省令第37号においても記載されていません。
2 〇正しい
平成11年厚生省令第37号において「居宅介護支援事業者若しくは居宅サービス事業者から求めがあった場合は、居宅介護支援事業者又は居宅サービス事業者に対し、居宅サービス計画の作成、居宅サービスの提供等に必要な情報提供又は助言を行う(抜粋)」と規定されています。
3 〇正しい
平成11年厚生省令第37号において「居宅介護支援援事業者又は居宅サービス事業者に対する情報提供又は助言については、原則として、サービス担当者会議に参加することにより行わなければならない(抜粋)」と規定されています。
4 ☓誤り
「利用者に提供した内容を居宅介護支援援事業者に報告しなければならない」は医師が行う指定居宅療養管理指導の具体的取扱方針に該当しません。平成11年厚生省令第37号においても記載されていません。
5 〇正しい
平成11年厚生省令第37号において「利用者又はその家族に対し、療養上必要な事項等について、理解しやすいように指導又は助言を行う。(抜粋)」と規定されています。

用語解説リンク 介護保険審査会 居宅療養管理指導 居宅介護支援 居宅サービス 居宅サービス計画 サービス担当者会議

問題21へ➡
 タグ
None