選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題28
嚥下や口腔ケアについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 片麻痺による運動障害や感覚障害がある場合には、麻縁側の口腔内が汚れやすくなる。
2 成人の唾液の1日の分泌量は、100~200mlといわれている。
3 嚥下機能が低下している場合には、感覚が鈍くなるので、氷などの冷たいものを口に入れることは避ける。
4 口腔ケアは、口腔内細菌を減少させるので、誤嚥性肺炎の予防に有効である。
5 義歯が本人に合っている場合には、義歯を外さないで口腔ケアを行う。
解答・解説↓




正答番号 1,4

1 〇正しい
片麻痺がある場合。麻痺側での咀嚼や嚥下が十分にできず、食物残滓があっても感覚障害のため気づき難く、麻縁側の口腔内が汚れやすくなります。
2 ☓誤り
成人の唾液の1日の分泌量は1000~1500mlとされています。
3 ☓誤り
氷などの冷たいものは嚥下反射を亢進させ、嚥下機能改善に有用とされています。
4 〇正しい
誤嚥性肺炎は口腔内の細菌により発症することがあります。口腔ケアにより口腔内の清潔を保つことは有効です。
5 ☓誤り
口腔ケアでは義歯を外し、義歯に接触している口腔内を清潔にします。義歯は別途洗浄を行います。

用語解説リンク 誤嚥性肺炎

問題29へ➡
 タグ
None