選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題40
短期入所療養介護について正しいものはどれか。2つ選べ。
(注選択肢2、3及び5は、「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 療養病床を有する診療所では、提供できない。
2 入所が4日以上になる場合は、居宅サービス計画に沿って短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
3 利用者には、検査、投薬、注射、処置等の診療を行ってはならない。
4 居宅サービス計画にない場合でも、緊急時の利用は可能である。
5 あらかじめ、短期入所用のベッドを確保しておかなければならない。
解答・解説↓




正答番号 2,4

1 ☓誤り
療養病床を有する診療所は短期入所療養介護を提供できます。
2 〇正しい
短期入所療養介護では入所が4日以上になる場合、短期入所療養介護計画が義務付けられています。(平成11年厚生省令第37号と解釈通知による)
3 ☓誤り
短期入所療養介護では「検査、投薬、注射、処置等は、利用者の病状に照らして妥当適切に行う。」(平成11年厚生省令第37号)と規定されています。
4 〇正しい
短期入所療養介護は居宅サービス計画にない場合でも緊急で要件を満たせば「緊急短期入所受入加算」を算定し利用できます。
5 ☓誤り
短期入所療養介護ではあらかじめ、短期入所用のベッドを確保する必要はありません。空きベッドを活用できます。

用語解説リンク 短期入所療養介護 居宅サービス計画

問題41へ➡
 タグ
None