選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題43
認知症について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 パーソン・センタード・ケア(PCC)は、介護者の効率を優先し、薬物療法等の医療を中心とした認知症のケアである。
2 初期では基本的ADLは保たれるが、中期には基本的ADLに支援が必要になるなど、認知症の進行過程により症状やケアの方法が異なる。
3 BPSD(認知症の行動・心理症状)は、脳の病変により症状が生じるため、個人因子や環境因子の影響は受けない。
4 アルツハイマー型認知症の初期症状としては、近時記憶の障害が著しい。
5  認知症初期集中支援チームは、認知症が疑われる者やその家族を複数の専門職が訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的に行う。
解答・解説↓




正答番号 2,4,5

1 ☓誤り
パーソン・センタード・ケア認知症の人を尊重する考え方です。は介護者の効率を優先するものではありません。
2 〇正しい
認知症では進行すると運動機能が損なわれ基本的ADLに支援が必要になるなど、進行過程により症状やケアの方法が異なります。
3 ☓誤り
認知症自体は脳の病変により起こりますが、BPSD(認知症の行動・心理症状)は個人因子や環境因子の影響を受けて現れます。
4 〇正しい
アルツハイマー型認知症の特徴として記憶の中でも近時記憶(数分~数日の記憶)が最も阻害されやすいとされています。
5 〇正しい
認知症初期集中支援チームは国の新オレンジプランにて制定された、認知症についての専門職チームが,認知症が疑われる人や家族を訪問し,包括的、集中的に支援を行う制度です。

用語解説リンク パーソン・センタード・ケア BPSD(認知症の行動・心理症状) アルツハイマー型認知症 新オレンジプラン

問題43へ➡
 タグ
None