選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題47
面接場面におけるコミュニケーションの技術について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 相談援助者側に、共感的相互理解を求めようとする姿勢が必要である。
2 話す内容とともに、音声、抑揚、話すときの表情や速さなども重要である。
3 イラストや手話、ビデオ、写真、文字盤など多様な表現方法を利用することは、クライエントを混乱させるので、避けるべきである。
4 クライエントの発信する力及び受信する力を見定めつつ適切な手段を選ぶことが必要である。
5 部屋の雰囲気やいすの位置相談援助者の服装などの外的条件は、円滑なコミュニケーションのためには重要ではない。
解答・解説↓




正答番号 1,2,4

1 〇正しい
面接場面において相談援助者は共感的相互理解を求めようとする姿勢が必要です。
2 〇正しい
面接では話の内容だけでなく音声、抑揚、話すときの表情や速さからクライエントの考え読み取るよう努めます。
3 ☓誤り
面接において言葉だけではなくイラストや手話、ビデオ、写真、文字盤など多様な表現方法をクライエントの状況に合わせて使用することは有効です。
4 〇正しい
クライエントの発信する力及び受信する力は個々により異なります。クライエントを個別に捉え力を見極めながら適切な手段を選びます。
5 ☓誤り
部屋の雰囲気やいすの位置相談援助者の服装などの外的条件は、クライエントの精神状態の安定や信頼関係構築において重要です。

問題48へ➡
 タグ
None