選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題56
小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成18年厚生労働省令第34号)の定める内容による。
1 小規模多機能型居宅介護を提供することを目的とした建物は、新築することが義務付けられている。
2 宿泊専用の個室を設置することが、義務付けられている。
3 利用者や利用者の家族、市町村職員、地域住民の代表者等からなる運営推進会議を設置し、おおむね2月に1回以上、活動状況を報告し、評価を受けなければならない。
4 宿泊のために必要な費用を、利用者から徴収することができる。
5 宿泊サービスは、利用者1人につき週2回までと決められている。
解答・解説↓




正答番号 3,4

1 ☓誤り
小規模多機能型居宅介護を提供することを目的とした建物は新築でなくてもサービス提供できます。
2 ☓誤り
小規模多機能型居宅介護では個室の設置は義務付けられていません。
3 〇正しい
小規模多機能型居宅介護では運営推進会議を設置し、おおむね2月に1回以上、活動状況を報告し、評価を受けなければなりません。
4 〇正しい
小規模多機能型居宅介護では宿泊のために必要な費用を利用者から徴収できます。
5 ☓誤り
宿泊サービスについて利用者1人につき週2回までという規定はありません。

用語解説リンク 小規模多機能型居宅介護

問題57へ➡
 タグ
None