選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題59
成年後見制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 成年後見人は、成年被後見人の財産管理等の事務を行うに当たっては、成年被後見人の意思を尊重し、心身の状態及び生活の状況に配慮しなければならない。
2 2014(平成26)年最高裁判所事務総局家庭局「成年後見関係事件の概況」によれば、親族が成年後見人等に選任された割合は、全体の半数を超えている。
3 法定後見制度は、判断能力の程度に応じて、後見及び保佐の2類型に分かれている。
4 任意後見制度とは、判断能力が不十分になったときのために、後見人になってくれる者と後見事務の内容をあらかじめ契約によって決めておく制度である。
5 市町村長は、高齢者の福祉を図るため特に必要があると認めるときは、後見開始の審判を請求することができる。
解答・解説↓




正答番号 1,4,5

1 〇正しい
成年後見制度の成年後見人が、成年被後見人の財産管理等の事務を行う際は、成年被後見人の意思を尊重し、心身の状態及び生活の状況に配慮しなければなりません。
2 ☓誤り
親族が成年後見人等に選任された割合は、全体の半数を下回っています。
3 ☓誤り
法定後見制度は、判断能力の程度に応じて、後見及、保佐、補助の3類型に分かれます。
4 〇正しい
法廷後見の開始前に判断能力が不十分になったときのために、後見人になってくれる者と後見事務の内容をあらかじめ契約によって決めておくことを任意後見制度といいます。
5 〇正しい
市町村長は高齢者の福祉を図るため特に必要があると認めるときは後見開始の審判を請求する権限があります。

用語解説リンク 成年後見制度

問題60へ➡
 タグ
None