選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題17
介護支援専門員の業務について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 必要に応じて再課題分析を行う。
2 サービスの種類、内容及び頻度を最終的に決定する。
3 サービス担当者会議を主宰する。
4 居宅介護サービス事業者からも情報を得て、モニタリングを行う。
5 要介護度の変化があれば、認定調査員に再調査を依頼する。
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい
介護支援専門員は必要に応じ再課題分析を行いケアマネジメントに反映させます。
2 ×誤り
サービスを「最終的に決定する」主体は利用者であり介護支援専門員ではありません。
3 ○正しい
サービス担当者会議を主催するのは介護支援専門員です。
4 ○正しい
介護支援専門員は利用者にサービスを提供する事業所から定期的に情報を得てモニタリングを行います。
5 ×誤り
要介護度の変化があった場合、保険者である市町村に要介護度区分変更を申請します。

用語解説リンク サービス担当者会議

問題18へ➡
 タグ
None