選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題19
介護予防サービス計画の作成に関する基準について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 原案に位置付けた介護予防サービスの担当者から意見を求める。
2 問題志向型で作成しなけらばならない。
3 主治医の指示がなければ、介護予防訪問看護を位置づけることはできない。
4 介護予防福祉用具貸与を継続するときは、理由を記載しなければならない。
5 特定介護予防福祉用具販売を位置付けてはならない。
解答・解説↓




正答番号 1,3,4

1 ○正しい
サービス担当者会議などを通して原案に位置付けた介護予防サービスの担当者から意見を求めます。
2 ×誤り
「何ができない」という問題指向型ではなく「何がしたい」という目標指向型です。どのような生活を送りたいか、目標を立てサービスを組み立てていきます。
3 ○正しい
介護予防訪問看護を介護予防サービス計画に位置づけるには主治医の指示書が必要です。
4 ○正しい
福祉用具利用の妥当性を検討し、必要な理由を記載しなければなりません。
5 ×誤り
そのような規定はありません。介護予防福祉用具販売を位置づける場合はその妥当性を検討し、必要な理由を記載します。

用語解説リンク サービス担当者会議 介護予防サービス支援計画 訪問看護 福祉用具貸与 特定福祉用具販売 

問題20へ➡
 タグ
None