選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題20
介護予防支援のためのサービス担当者会議に関する基準について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防福祉用具貸与を利用する場合は、定期的に開催する。
2 新たに介護予防サービス計画原案を作成したときは、必ず開催する。
3 会議の記録は、その開催日から2年間保存しなければならない。
4 利用者が要支援更新認定を受けたときは、やむ得ない場合を除き、開催する。
5 利用者が要支援状態区分の変更の認定を受けたときは、やむを得ない場合を除き開催する。
解答・解説↓




正答番号 2,4,5

1 ×誤り
定期的に開催するとは定められていません。必要に応じ、随時開催します。
2 ○正しい
新たに介護予防サービス計画原案を作成したときは担当者会議を開催します。
3 ×誤り
開催日からではなく、支援完結からから2年間とされています。
4 ○正しい
更新認定を受けたときはサービス担当者会議を開催します。「やむをえない理由」とは利用者の事情によるものです。要介護者の居宅介護支援の場合と同様です。
5  ○正しい
要支援状態区分の変更の認定を受けたときは担当者会議を開催します。「やむをえない理由」とは利用者の事情によるものです。

用語解説リンク 福祉用具貸与 サービス担当者会議

問題21へ➡
 タグ
None