認知症,知的障害,精神障害などによって物事を判断する能力が十分ではない人について,本人の権利を守る援助者を選ぶことで,本人を法律的に支援する制度。本人,配偶者,四親等内の親族(該当者がいない場合市町村長)などが家庭裁判所に申し立てを行う。「後見」「補佐」「補助」の3種があり、それぞれで権限が異なる
 タグ
None