選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題22
居宅介護支援における介護支援専門員の業務について正しいものどれか。2つ選べ。

1 在宅ターミナル期の居宅サービス計画は、医療職の介護支援専門員が作成する。
2 利用者の価値観を尊重する。
3 利用料の説明については、各サービス事業者に任せる。
4 利用者から介護保険施設への入所希望があったときは、保険者へ依頼する。
5 課題分析は、他に委託することができない。
解答・解説↓




正答番号 2,5

1 ×誤り
そのような規定はありません。基礎資格に係わらず介護支援専門員が作成できます。
2 ○正しい
介護支援専門員は利用者の価値観を尊重し利用者本位の立場で業務にあたります。
3 ×誤り
各事業所の利用料についても事前に利用者に説明しなければなりません。
4 ×誤り
保険者へ依頼するのではなく、介護支援専門員が紹介するなどの便宜を図らなくてはなりません。
5 ○正しい
課題分析を他に委託することはできません。計画を作成する介護支援専門員が行います。

問題23へ➡
 タグ
None