要介護認定基準時間に反映される医療行為
点滴の管理、中心静脈栄養、透析、ストーマ(人工肛門)の処置、酸素療法、レスピレーター(人工呼吸器)、気管切開の処置、疼痛の看護、経管栄養、モニター測定(血圧・心拍数・酸素飽和度等)、褥瘡の処置、カテーテル(コンドームカテーテル、留置カテーテル、ウロストーマなど)。注:看護師などによって過去14日間で実施された、医師の指示に基づく医療行為を対象とする。
 タグ
None