選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題24
腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75歳、女性)が、つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け、当初は周5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し、家事は相当程度行えるようになったが、訪問介護員の家事に頼り、訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため、訪問介護の回数を減らすことに納得しない。介護支援専門員の対応として、より適切なものどれか。3つ選べ。

1 家事について、現状でYさんができることとできないことを一緒に確認する。
2 話し相手になってくれるインフォーマルサポートを探す。
3 自分でできる家事は保険で給付できないとして、一方的に自立求める。
4 訪問介護事業所に訪問回数を減らすよう指示する。
5 Yさんの生活上の楽しみを見つけ、それを実現するための方法を検討する。
解答・解説↓




正答番号 1,2,5

1 ○正しい
一緒に確認することに利用者本位の姿勢があり、適切な対応です。
2 ○正しい
会話が楽しみなYさんに訪問介護に変わるインフォーマルサービスを模索することは適切です。
3 ×誤り
「一方的に自立を求める」ことは利用者本位の立場として不適切な対応です。
4 ×誤り
利用者の意向を無視してサービス事業所に直接指示することは不適切です。
5 ○正しい
利用者の生きがいを見つけ意欲を引き出すことは適切な対応です。

問題25へ➡
 タグ
None