選択肢をチェックして解答・解説で学習!
問題28
次の記述について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 パーキンソン病が介護保険の特定疾病に該当するためには、ホーエン&ヤールのステージ3以上である必要がある。
2 薬剤性パーキンソン症候群は、抗精神病薬や胃腸薬などの使用で起こりうる。
3 介護職員は、喀痰吸引等研修を修了し、都道府県知事から認定証の交付を受けた場合に、痰の吸引を行うことができる。
4 難病患者が障害者総合支援法による障害者福祉サービスを受けるためには、身体障害者手帳を所持しなければならない。
5 末期の悪性腫瘍の患者は、介護保険の訪問看護は利用できない。
解答・解説↓




正答番号 2,3,5

1 ×誤り
介護保険の特定疾病にパーキンソン病のステージは関連ありません。パーキンソン病にはステージが5段階まで分かれておりステージ3では姿勢反射障害がみられます。医療保険が優先される訪問看護の「厚生労働大臣が定める疾病」ではステージ3以上が対象です。
2 ○正しい
薬剤性パーキンソン症候群は抗精神病薬や胃腸薬の摂取により引き起こされる場合があります。
3 ○正しい
介護職が痰を吸引する場合、設問の他に所属する事業所が「登録特定行為事業者」として登録されていることが条件になります。
4 ×誤り
難病患者でも身体障害手帳の対象にならない場合がありますが、障害者総合支援法による障害者福祉サービスを受けることはできます。
5 ○正しい
末期の悪性腫瘍の患者は、「厚生労働大臣が定める疾病」に該当し訪問看護は医療保険が優先されます。
解答・解説↓ パーキンソン病 介護職員等による喀痰吸引等 厚生労働大臣が定める疾病 障害者総合支援法 障害福祉サービス

問題29➡へ
 タグ
None