介護保険施設の入所者について、サービスの内容などの計画を当該施設の介護支援専門員が作成する。
「(施設サービス計画の作成)

・入所者(入院患者)について、解決すべき課題を把握しなければならない。
・解決すべき課題の把握(以下「アセスメント」という。)に当たっては、入所者(入院患者)及びその家族に面接して行わなければならない。
・入所者の希望及び入所者についてのアセスメントの結果(介護老人保健施設及び介護療養型医療施設にあってはアセスメントの結果及び医師の治療の方針)に基づき施設サービス計画の原案を作成しなければならない。
・サービス担当者会議の開催、担当者に対する照会等により、施設サービス計画の原案の内容について専門的な見地からの意見を求めるものとする。
・施設サービス計画の原案の内容について入所者(入院患者)又はその家族に対して説明し、文書により入所者(入院患者)の同意を得なければならない。
・施設サービス計画を作成した際には、当該施設サービス計画を入所者(入院患者)に交付しなければならない。
・施設サービス計画の作成後、施設サービス計画の実施状況の把握(モニタリング)を行い、必要に応じて施設サービス計画の変更を行うものとする。」(「」内厚生労働省公表)
 タグ
None